駿台の夏期講習はとても賑わいますが、毎年大人気で抽選になる講座があります。

そのうちの1つが化学特講1です。

と言っても抽選になるのは人気講師だけで、人気のない講師は早く申し込めば受講できます。

人気のない講師でも受講する価値があります。

なぜならテキストが最強だからです。

 

ちなみに駿台の化学科は日本最強でした。

河合塾や代ゼミの化学講師より明らかに質が良かった。

今は人材が東進などに流出していますが、元は駿台が明らかに最強でした。

そんな駿台の全盛期に作り上げた最高傑作のテキスト、カリキュラムです。

駿台生じゃなくても通えるところに駿台があるなら絶対に受講するべきです。

 

ちなみに私は駿台の回し者ではありません。

私は河合塾出身で、河合塾をこよなく愛しています。

テキストの紙質は河合塾が上です笑

 

 

化学特講1とは

化学特講1という講座は駿台の中でも最大級の人気講座です。

化学の計算問題の解き方を徹底的に勉強できます。

単位の扱いから始まり、反応速度や化学平衡まで入試トップレベルまで駆け上がります。

その特徴は解き方に一貫性があることです。

 

酸塩基反応ではプロトンに注目して立式する。

酸化還元反応では電子に注目して立式する。

 

など基本に忠実に学べるので、問題のレベルが上っても対応できるのです。

行き当たりばったりでやっていると、複雑になったときに頭がパンクします。

 

化学特講1を受講するべき人

理系、化学2まで使う人です。

センターのみの人がやる意味は全くありません。

化学2まで使う人なら志望校のレベルは問わないと思います。

最後まで全部ついて行ければ東大理三でも足は引っ張らないレベルになるでしょう。

逆に言えば、全部ついて行けなくても気にする必要はありません。

 

 

化学特講1を受講する前

化学特講1は4日間で入試トップレベルまで、

当然化学2の化学平衡などもやりますので、

現役生には辛いかもしれません。

私は現役のときに受講しましたが辛かったです。

 

化学特講1を受講する前にやるべきは重要問題集ではありません。

そんなものは意味が無いことが受講すると分かります。

 

問題演習は化学特講1のテキストが届いてから、テキストをやれば良いのです。

 

それより、酸塩基反応とは何か、酸化還元とは何か

というレベルをクリアすることに専念します。

6月までに理論は化学2まで全範囲終わらせましょう。

この参考書がおすすめです。

鎌田先生は駿台の人気講師でした。

その後東進に移籍したと思います。

 

化学特講1の予習の仕方

このテキストの良いところは初めから解答解説がつくことです。

(授業で扱う問題は解答のみで解説はつきません。)

化学特講1の授業が始まる前に少なくとも半分は解きましょう。

授業が始まってしまうと疲れて意外と進みません。

予習の段階で、テキストの分かりやすさに感動するでしょう。

 

化学特講1の受講の仕方

これを受講している期間は、他の講座を絶対に取ってはいけません。

予備校のチューターは色々勧めてくるかも知れませんが、

絶対にやめましょう。

そんなヤワな講習ではないのです。

4日間は化学に没頭するべきです。

 

駿台は50分授業で10分休憩ですので、集中力は続きやすいと思います。

狭い教室に押し込められますが、それは4日間我慢しましょう。

 

受講中はとにかく予習を進めましょう。

でないと追いつかれます。

余裕があれば復習をし、どうにも化学ばっかりで気が滅入るようであれば

気晴らしに他の科目を少しやります。

 

 

化学特講1受講後の復習の仕方

間違えた問題はその日のうちに復習しましょう。

そして、講習が終わってから、もう1周したいところです。

苦手分野はさらに何周かしましょう。

日付など書き込みながらやるべきです。

一生の思い出になります。

 

化学特講1を受講できない人

勉強が追いつかなかった、

近くに駿台がない、

申し込み忘れた、

この記事を読んでいるときにはもう秋だった

などの理由で受講できない人に、代替できる参考書があります。

 

化学特講1の創始者が書いた参考書兼問題集です。

化学特講1より問題数が絞ってあり、問題のレベルも少し落ちるので、

かえってやりやすい人もいるでしょう。

方針は化学特講1と同じで、

簡単な問題から、難しい問題まで、一貫した解法を身につけることです。

 

そんな理想的な参考書が

原点からの化学 化学の計算です。

 

ちなみに原点からの化学シリーズは大学受験に実用的でない

マニア向けのシリーズなのですが、

この本だけは超実用的です。

ぜひやりましょう。

 

以上、駿台夏期講習の化学特講1は絶対に受講するべきでした。

Pocket